Well-being × Co-creation

普段の「Work(仕事)」に自然や内省などの「Vacation(余白)」をプラスし、リラックスしながらも集中して働く新たなワークスタイル「Workation(ワーケーション)」。

「なんだか調子が上がらず仕事がはかどらない。疲れが溜まってやる気が出ない。」
「リモートワークでチームメンバーとの意思疎通がうまく取れていない。」
「新規事業を考えたい!でもアイディアが出てこなくて煮詰まっている。」

そんなときは、都心の喧騒から離れ、頭の中を駆け巡っている思考から離れ、リフレッシュすることで、視界が開けてくることがあります。自然の中で心と身体の緊張をゆるめたり、瞑想などにより自己の内面とゆったり向き合う時間を持つことで、ストレスが解消されるだけでなく、「直観力」や「創造性」が養われ、研ぎ澄まされた“本来の私” が目覚めていきます。

リモートワークが増え、コミュニケーションが少なくなってしまった社内のメンバーとも、リラックスしながら心を開いて会話をする時間を持つことで、心理的安全な関係性構築やチームの団結力強化へとつながっていきます。さらに、会社という枠を超え、他企業や地域の方々との交流を育む中で、共創型のビジネス連携や地域発のイノベーション、社会課題解決につながるビジネス創出を図っていくことができます。

ワーケーションで企業や地域の課題を解決する

【健康 × 働きがい】

心身が整いストレスが低減する
仕事のパフォーマンスが上がる
レジリエンス・自己回復力が高まる
自己肯定感が上がる

【革新 × 共創】

直観力・集中力が高まる
心理的安全な関係性が構築できる
チームのポテンシャルが高まる
コラボレーションによる革新的アイディアが生まれる

【地域 × 社会課題】

地域の人とのつながりが生まれる
企業という枠を超えたビジネス連携や越境学習が起こる
地域発のイノベーションが創発される
社会問題の解決やソーシャルインパクトにつながる

【親子 × 探究学習】

自然や地域文化を体感することで探究心が育つ
創造性やこころの豊かさが育まれる
子供同士の交流や親コミュニティが生まれる
親と子供の共通体験によって親子の関係性が深まる